Diary & Novels for over 18 y.o. presented by Reica OOGASUMI.
Sorry,this blog is Japanese only.

      count : hits!
      覆霞へのコメントは各記事へお願いします。 メールはこちらへどうぞ→mailform

      最終更新21th Sep.2021→「Balsamic Moon」全面改装
<< October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
またまた放置してしまい、申し訳ありません。
コロナ禍でもアクセスをいただいていました。どうもありがとうございます。


親戚の都合があり、引っ越しなどをしていました。転居自体はコロナ禍の前だったので、私は影響を受けなかったのですが、…まぁ世界は予想の通りに動いていますね。

世界Bとは私が勝手に名付けたものですが、本当の名称の世界の根拠となっている文献の初版は1960年代です。B=Bibleなので、元来は6000年前のものでして、アメリカで明文化されたのが1960年代、つまり非明文化はそれよりも前のことになります。

米国の代表者はしばらく前に亡くなりましたが、覆霞のもとには毎週のようにセールのダイレクトメール(笑)が届いています。コロナ禍の前後で商品料金の差はありません。寧ろ、航空便が混んでいる(飛行機自体の運休が多い)ために、普段から船便を利用している世界Bでは、注文してから日本に届くまで、2〜3週間に短縮され、大変便利です。


中国が本気を出すのは、これからでしょう。この程度でビビってはいけない。


菅総理のご出身は雄勝町だそうですが…覆霞の出身地はその隣町ですww 凄く笑いました。
覆霞の故郷では、雄勝町の人は、穏やかで固くて良いイメージの人が多いです。コロナ禍と言う難しいなかで敢えて手を上げて総理に就いてしまう時点で、「良い人」だと思います。
んな面倒くさいことをせずとも、楽をして生きていける立場だったと言うのに…
楽が出来るのに、楽な座を蹴って苦難を選ぶ、それこそが政治家だと思います。
と言うわけで、雄勝の方々、おめでとうございます。
おらほも、頑張るべぇよ!


(以下は覆霞が当ブログおよびBalsamicMoonを放置していたことへの言い訳が続きます…ので、コロナ禍でイライラしている方は読まない方が良いです。本当、ただの言い訳です)↓↓
autor 覆霞レイカ2020.09.27 Sunday[20:09]
覆霞レイカはただいま開業準備中の為、多忙な日々を送っております。
内容は世界Bそのもの。

しばらく前ですが、かなり有名な番組にゲスト出演させていただきました。
あそこで私の波が変わった気がします。
相変わらず戦闘的に動いています。

ジョージ・マイケルが死に、ピート・バーンズが死に…
もう私は誰を聞いて生きて行けば良いのか
仕事の都合がどうしてもつかず、来週の武道館での、スティーヴン・タイラーのソロライヴに行けません! ポール・マッカートニー様のライヴにもです!
autor 覆霞レイカ2017.04.06 Thursday[23:41]

 長期間放置して申し訳ありません。

 仕事が忙しいのと、自宅マンションの騒音問題があって体調を崩していたこともあり、兎に角休養していました。

 今年は都内に大雪が降らず、がっかりしていたのですが、体調回復してきた為「そろそろ都内散策でもしようかな」と思っていたところ、今度は酷い花粉症になってしまいました。毎晩午前3時からくしゃみが始まります。…今夜も今から恐怖ですよ…

 いま覆霞は、編集部からの依頼を受けて論文を執筆している最中です。覆霞はいろんな世界に喧嘩を売っている仕事なのですが、果たして論文は無事にアクセプトされるのでしょうか。

 覆霞は、昔からJAMA(The Journal of the American Medical Associasion,http://jama.jamanetwork.com/journal.aspx)が大好きで、パソコンにかじりついて読んでいたものです。これだ、と思った論文を印刷しては、辞書を片手にカリカリ翻訳したものでした。今はネット利用で簡単に和訳できるので、興味があったら是非読んでみて下さい。

 論文原稿が出来たら、書きかけの「ライラ」及び「Guardian to the Heaven」を更新しようと思っています。

 GHはFirefoxでは非常に醜くなっているので、作り変えるか、こちらのブログに統合するか、です。昨今のHTML5事情がさっぱり分からない…

 前の記事に書いた、ICUに入院していた人は無事に退院し、後遺症はありますが、日常生活には問題ない程度に回復しました。リハビリって良いですね。覆霞は、人が回復していく姿が大好きです。あの人は、本人に罪は何も無くて、他人の罪を被った形だったので、回復は非常に早かったのでした。一つ言うなら、厄年の人でした。家族が無信仰どころか不信心で、家族の方が神仏から見捨てられた形になっています。(本人はカトリック)

 世の流れを感じたのか、覆霞の前には十字架に祈っている人が、ぽつぽつ現れるようになりました。余談ですが、麻生太郎氏はカトリックのクリスチャンです。※カトリックはヤヴァイけどね(がっくり)。

 大久保利通の魂の行方が、非常に非常に気に懸っています。

 2015年と言うことで、取り敢えずテロゲリラ対策で、日野市を初めとするテロ集団の拠点をもつ地域で、自衛隊が頑張る姿を楽しみにしている覆霞です。覆霞が、「高幡不動尊は大好きだけど、日野市に土地や家を買ったりは出来ない」と言ったのは、これが原因です。京王線の高幡不動駅を降りて、少し歩くと、あるわあるわ、テロ集団の拠点! 初めて見た時には目が飛び出るかと思いました。ああ言う建物がある限り、日野市には自分の住民票を作らせたくないのです。行政が喰われている証拠ですから。日野市で覆霞の個人情報を知っているのは、高幡不動尊のみです。

 覆霞には自衛隊OBが数名居りますが、彼らは2012年頃から妙に元気で、やる気マンマンだったのですが、安倍総理の大勝利以来、燃えに燃えているようです。

 その流れを受けて、福岡県警と大阪府警がちょっぴり頑張っているじゃないですか。パチンコップと言われないように、頑張ってね、と一応応援しておきましょう。

 何よりも嬉しかったのは、これで政治家・オザー一郎を消せることです。ああ良かった、これで一安心だ。覆霞は、宮沢賢治が大好きなのでした。

 覆霞の仕事業界の話では……仙台を含め、東北(秋田の一部を除く)からは覆霞と全く同じ資格をもつ人間が、逃げ出して来ています。もう、人の生きる場所では無い、と彼らも漸く気づいたのでしょう。今度仙台に建物が出来るのですが、世界Bの人間は、三億円出されても絶対に仙台には近寄らないです。私は十億円出されても行きません。

 世界Bの拠点のある秋田のスーパーど田舎は、元気いっぱいです。つくづく思うのですが、田舎は田舎らしく、新幹線など通さずに、平平凡凡に土に塗れ森と川とに挟まれて、何も望まずに大人しく生きるのが正しかったのでしょう。「新幹線の通ったところは産業が衰え町が荒廃する」と言ったのは、自衛隊OBの方でした。彼らは防衛上、良く見ていました。

 田中角栄が行った日中友好が、安倍総理によって壊滅することを願っています。




桂恵様>複数のコメントを有難う御座いました。
 NHK大河の「花燃ゆ」……早速大コケをかましてくれました。見た目が綺麗とか可愛いとかイケメンとかどうでも良いので、みっちり濃い幕末を描いて欲しかったのに、そう言う流れにはなっていないようですね。
 覆霞はテレビを持っていないので詳細は不明ですが、NHKはやはり一度解体すべきだと思います。文が無名なのは明白な事実なので、久坂玄瑞か高杉晋作を主人公にすれば、物凄く盛り上がったと思ったのですけれど、もはや「女」を売り物にするしか、NHKは視聴率を稼げないのかも知れません。
 Sepiaの方も読んで下さったそうで、有難う御座います。覆霞は幕末の長州志士が大好きで、久坂もその一人です。好きなキャラクターを、どうやってカッコ良く書くか…と考えた結果、「素晴らしい日々」になりました。
 イナゴの佃煮、桂様も食べて育って来られたのですね。私は自宅で作ったことはなくて、店で量り売りされていたものを親が買って来ていました。都内に転居してからは、秋田の県産ショップに行って買っています。健康に良いし、コスト的にもお勧めなのですが、笑顔で食べる人を周囲で見かけたことがありません。仕事上の先輩でメル友がいるのですが、彼と二人で、「イナゴの大群が押し寄せて来ても、我々は大喜びで田んぼに網を張って、保存食造りに勤しむだろう」と言い合っています。
 「ライラ」シリーズは精神的に落ち着いた人の集まり、と言うスタンスで書いているので、ライラの口の悪さは兎も角、登場人物は性格の穏やかな人が多くなっています。妙さんは山崎君とライラを含め、日野市に住む人々の健康と平和の為に、体に優しいメニューを作ることを誇りにしているようです。
 無水鍋ラタトゥイユ、作って下さったそうで、有難う御座います。覆霞も味付けはいつもテキトー(目分量)です。野菜とは不思議なもので、目分量でも美味しくなってくれるので、ついついテキトーになってしまいます。
 これからも野菜を食べ続けようと思っています。でないとライラに怒られる(たぶん)。
 コメントを有難う御座いました!
autor 覆霞レイカ2015.03.05 Thursday[22:54]
 多忙です。これから講演会、取材、学会…と続きます。いま、猛烈に講演用の原稿を書いています。

 学会と言えばSTAP細胞。

 お笑い細胞でした。

 直接ではありませんが、理研の研究分野は覆霞の仕事と若干関係があります(と言うか覆霞が所持する資格を持つ人は、かなりの確率で理研の研究に影響を受けています)。だから今回の捏造騒動は、同じ資格を持つ同士のコミュニティでも結構盛り上がっていたのですが、今ではお笑いとして盛り上がっているようです。

 しかし…科学の世界では、論文や研究の捏造は、昔から当たり前に行われていることなので、科学全体を見直した方が早いでしょう。


 たまたま日野市のマンションや持家の広告が流れて来たので、「ほぅほぅ」と思いながら覗きました。物件は悪くないのですが、治安は圧倒的に覆霞の現住所の方が良いので、眺めるだけにしています。

 今後人口がぐっと減るので、安全圏になったら高幡不動尊に徒歩で行ける距離の自宅を購入しようかなと企んでいます。(目的は勿論高幡不動尊であり、新撰組ではありません。)猫を飼いたいのです。猫ハウスにしたい。ヒトが猫に飼われる家を目指します。人間が下僕ですよ、はっはっは。

 2008年に公開されたアンディ・ラウ主演の『三国志』の曹嬰役の女優、マギー・Qの美しさに茫然としました。映画の主人公は趙雲なのですが、三国志の割に切り口が違って新鮮で、とても面白かったです。中国琵琶も彼女に非常に合っていました。月琴か琵琶はいつか習いたいものです。

 エル・ニーニョ万歳!



桂 恵様>いつもご感想を有難うございます。また、ネタを思いついたら妄想しようと思っています。
autor 覆霞レイカ2014.06.23 Monday[22:06]
<< 2 / 20 >>
New entry
Archives
Category
comment list
User List
Recommend