Diary & Novels for over 18 y.o. presented by Reica OOGASUMI.
Sorry,this blog is Japanese only.

      count : hits!
      覆霞へのコメントは各記事へお願いします。 メールはこちらへどうぞ→mailform

      最終更新21th Sep.2021→「Balsamic Moon」全面改装
<< November 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
このブログの表示が上手く行かないようになっております。
SereneBachが古くなったかも知れません…
使用中のプラグインもだいぶ古いものということもあり……

大変残念なことですが、このブログで書いてきた文章を、WORDPRESSに移す可能性が出てきました。
未確定ですが…
autor 覆霞レイカ2023.09.26 Tuesday[23:52]
覆霞レイカはワクチンも接種せず、感染もせず、何事も無く生きております。

世界Bでは今この瞬間も

Save Ukraineは一言もありません。

Ameの代理戦争だから……

安倍さんがお亡くなりになったのは本当に残念でした。石原慎太郎さんとセットだったから、もしやと思ってはいましたが。

Cancerの死というのは笑えません。

某国王子?の「SPARE」を買いました。Cancerの呪いの実態を知るために。

内容は…笑って笑って、なかなか読み進めることが出来ません。文章は面白いです。うちの母に翻訳しながら読んでいます。彼女は私と正反対で、元?王子の実家の激しいファンでしたが、もうファンはやめたそうです(笑)

現在、サイトのリンク切れなどを修正中です。全部手作りなので、ミスが多い多い💦

こういう時にYoutubeでつい見てしまいます、

「そして5人は帰らなかった 〜8禳箆∧・雪山遭難を辿る」 https://youtu.be/9aSBmp3Riu0
autor 覆霞レイカ2023.02.25 Saturday[14:27]

アクセスが増えるので、あまり書きたくはありませんでした。

「Cancerの呪い」の効果は、まずは世界B基準国から始まり、その効果が絶大だったので、他の国々が採用し始め、世界Bネットワークに広がりました。

Cancerの呪いが発動すると、Cancer以下のZodiacが自滅します。Cancerのベクトルは常に←⇔→なので、地上から離れる力がありません。常に流れて、どこかに行ってしまう、不安定さ。このグループに、「十字架を一か所に打ち込む(↓)」「地上は見ないで常に天を見る(↑)」と言う、↑↓↑のベクトル動作は実施不可能です。もし出来たとしても、「奇跡」に近く、人口割合で言うと、Cancer人口の100万分の一くらいの人は出来る場合があります。

Cancerは2012年12月までの間に、地球上でもっとも多いZodiacでした。だから基準国が「Cancer外し」を決定し、2012年12月をCancerが超えられないようにしたのです。

Cancerの下には、更にベクトルが低く弱いグループが大量にいて、その人たちが拝金主義者だからです。

拝金主義者のベクトルは「常に地上を見て、天を見ず、目の前の快楽と金に飛びつき、かつ視野が狭い」。これは↓↓↓のベクトルであり、日本を含む中華圏とインド人が潜在的に持つベクトルです。↓↓↓のZodiacも日本を含む中華圏とインドに極端に多く、億単位です。

基準国の人口は、末端である日本の半分程度です。だから、基準国は基準国を長年苦しめて来たCancerに呪いを発動した。すると、基準国では割合の少ない、Cancerよりも下のZodiacがさほど暴れることなく自滅の道を行ったので、トルコが乱入したEUから我先に離脱しました。トルコは世界Bの非生産国で非加盟国、と言うか、そもそも世界B実施不可能国です。不可能な国が「俺たちもEUに入れろ!」と言って無理くり入るのは、「俺たちも世界Bに入れろ!」と言って無理くり入ったインドとそっくりです。Cancerを含む、Cancer以下のZodiacは重く、彼らのベクトルを↑に変えるのは至難の業です。

今年の天候カレンダーを見て下さい。
6月の雨天が、いきなり晴天になり気温が上昇した日がありました。その日がGemini→Cancerの転換点です。

覆霞の業界では、毎年まずAriesで事件が発生し、Taurusで警察や検察庁が動き始め、Geminiで落ち着きます。Geminiで落ち着けない場合には、Cancerで事件が大化けし(大きな展開を迎え)、Leoで最悪の状態になります。今年の4〜5月はその気配があり、何となく構えていたのですが、6月に入り、5月に事件が発生していたことが判明したケースが3例、うち1例は現在も警視庁が捜査中です(事件としては、殺人未遂です)。

これらのことがあったので、Geminiの期間に前回の続きを記載できず、Cancerの時期になってしまいました。Cancerに入った途端に、気温上昇、湿度も高く、乾燥した空気に慣れている都民にとっては地獄のようですが、湿度の高い日本海豪雪地帯に育った覆霞は、夏バテの気配もありません。UVカットの長袖を着ています。

基準国の最高気温は今後2か月、日本の最低気温よりも低め移行と予想されています。

良いですね。

日本を含む中華圏で気温が高いのは、Cancer以下が暴れているからなので、さほど長引きません。「すぐヘタレる」「竜頭蛇尾」を地で行くZodiacが続くので、あまり気にしなくても良いと思います。その土地が頑強である場合にのみ言えることですが。

長崎でプリオンが発見されました。
これは……かなり痛いです。
福岡を落とした人と、京都で失敗した人は、二人ともLibraでした。何故彼女たちが、日本カトリックで明らかな聖地認定されている長崎県に目もくれなかったのか、覆霞にはいまだに理解出来ません。

長崎県は掘れば聖遺物が出てくる土地です。

そこを、他の、新幹線フィーバーでチャイナマネーに飛びついた他の九州と同レベルに扱ってはいけない筈ですが……

覆霞が聞いた限りでは、長崎に住む人たちは、新幹線を長崎に引き込むことに大反対、大激怒をしているそうです。

プリオンが出なければ、長崎はCalvary(ゴルゴタの丘)の製品実施で十分だったのですが、プリオンと言う病原体が発見された以上、Calvaryでは持たないでしょう。Calvaryは白い製品です。悪性の感染症が出たなら、岩手県と同じ扱いで、黒い製品となります。……聖地なのに、真っ黒の製品を入れるのか??

それは、避けたかったです。

本当に残念です。


次回の記事では、ユーリ・ガガーリンについて書こうと思います。


令和4年6月28日 覆霞レイカ
autor 覆霞レイカ2022.06.28 Tuesday[02:26]

 ウクライナ情勢……ロシアは今後フィンランドを攻めるそうです。北欧は世界B非加盟国で非生産国です。やはり、狙いやすいところを狙っていくのがプーチン流。

 GWに入った直後でしたか、いかにもロシアな世界Bの製品を大量に飾ったロシア正教会の映像が、流れていました。撮影は4月下旬だったようです。その教会の司祭の方は、自分の国ロシアに粛清される覚悟で撮影許可を出したのでしょう。他の国では作れない、かなり精巧な世界Bが壁一面に飾られていました。素晴らしかった。

 今後のロシアの侵攻方向を見ると、あくまで西に向かうようなので、東がガラ空きです。モンゴルは世界B生産国で、非加盟国です。そして極東な日本は加盟国で、樺太を狙っています。このような東よりも、失ってもモスクワのある西を、プーチンさんは狙うようです。

 西には、世界B基準国であり、現在NATOで一番良い位置にいる国がロシア潰しのステージを待っている段階です。プーチンさんがフィンランド攻めを名言したということは、基準国の準備が整ったと考えて良いと思います。

 基準国は、超絶に元気です。かの国には有名な家がありますが、その家のトップが表に出た時から「その家不要論」が出現し、現在では、不要論が進化して「廃止論」になっているとか。その家を出たり入ったりしている人を中心に、家のスキャンダルが世界中にバラまかれる形になり、その家、ではなく、その家のある「かの国」の国民は呆れたり激怒したりしていると聞きます。「かの国」は基準国として、世界B導入後のスタートラインを決めて実行しました。ラインの一つに、「かの国」にもともと発動していた「Cancerの呪い」を利用したのです。その国の言葉でcancerとは「癌」を意味します。cancerに対してその国がしてきたことを、Cancerにも発動させたのです。すると……まず家のイメージが崩壊し、家庭が崩壊し、家庭のメンバーだった人が世界中の笑いものになっています。そうすることで、もともと国民にあった「不要論」を「廃止論」まで到達させたことも、世界Bとしてよくやった、と思うのですが、「基準国が、自分の国をひいきせずに、まずは自分の国で不要と言われていた家にCancerの呪いを発動させ崩壊させたことが、現在目に見えて明らかになって居る」ことが、覆霞にとって感激の的になっています。

 自国の権力を持ちつつ、正当性については?な家を贔屓しないで、ダメなものはダメであると、国民に広く周知出来るような形に持って行ったのは、凄いと思います。何よりも、公平性を保つために。

 それでいて、今後の、崩壊後のロシア領土のうち、一番機能しやすいところを(表向きかどうかは兎も角)獲得する算段でしょう。

 世界Bが加盟国を作ってネットワークを組んだ切っ掛けの一つは、「ロシアなるもの」を包囲し、ロシアに回心をさせること、でした。これが上手く行かなかったのが、1980年代です。その禍根が、旧ソビエト崩壊後を招きました。ロシアの回心が上手く行けば、今頃ロシアは正しく民主化が出来ていたと思います。

 出来なかったので、これからが本番です。

 以前書いた、世界Bではないけれど研究者グループの人の話では、「ゼレンスキーさんは賢いが、善人ではない」。

 覆霞も同じ意見です。

 つい先ほども確認したのですが、世界Bの製品では未だに「Save Ukraine」系統のものは一つも出来ていません。ゼレンスキーさんは、拙い言葉を何度も言っています。彼の本意か、彼のブレーンが言わせているのかは分かりませんが、彼の出自とウクライナ国民を混同しては、良く無いなぁ……

 イスラエルは人口も少ないので、ワクチンによる人口ホニャララ計画のたたき台には、相応しかったでしょう。ブースター接種率が50%を超えたのか……潰されにかかっていますな。イスラエルの宗主国は30%程度です。イスラエルにおける世界B実施可能者は国民人口の2%です。これは、インドに毛の生えた程度の日本、に毛の生えた程度です。


令和4年5月23日 覆霞レイカ


追伸)聖ラザロは、日本人が金を持って遊びまくったGWに実施しました。
autor 覆霞レイカ2022.05.24 Tuesday[02:20]
1 / 22 >>
New entry
Archives
Category
comment list
User List
Recommend