Diary & Novels for over 18 y.o. presented by Reica OOGASUMI.
Sorry,this blog is Japanese only.

      count : hits!
      覆霞へのコメントは各記事へお願いします。 メールはこちらへどうぞ→mailform

      最終更新21th Sep.2021→「Balsamic Moon」全面改装
<< November 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

……意外なことに、BalsamicMoonなどで使用した製品名を明らかにしてから、こちらのブログとサイト全体のアクセスが伸びていまして。

びっくりしたと言うよりも、やっぱり?!と言う印象なのでしょうか。

BalsamicMoonは(途中から)計画性を以て作成されたという事に。

当初はBalsamicMoon内の大久保利通の、世界B製品への反応があまりに良すぎて「やるしかない」と思い、遊び半分で作成を開始したサイトを、世界B導入の手段の一つとして、ガチで方向を転換したことが切っ掛けでした。

世界Bはその傾向として、そもそも日本文化と全く相性が良くありません。その辺の、日本文化に染まって育った日本人に、聖書やキリストの話をしてみてください。殆どが無視か無関心だと思います。

その環境下で、大久保利通が異様な反応を示したのです。驚異的でした。とても、「現代日本人とは思えない反応」でした。

でも大久保利通は、そもそも現代日本人では、ありませんよね。鹿児島の人は遺伝的に、昔から外部の要因が入り得る背景があった、とひそかに言われているようです。

大久保に限らず、江戸末期〜明治初期の日本人と、現代の日本人が書く文章や文字は、似ても似つかないものです。
同じ島に暮らしているだけで、その精神性は全く別物である、と覆霞は考えています。

で、導入が困難ではない大久保を介して導入を開始したところ……

別の人物が、これまた現代日本人が最も嫌がる製品での反応を示したのです。

大久保がやたらと反応した製品は、前の記事に書いたとおり、Cross Caravacaと「Novels」に記載した製品です。あれに反応すること自体、アジア人ではないと考えて良いです。

大久保ってこう言う人だったのか……と驚きながらも、書きました。

一方、覆霞が多忙になり、サイト管理が難しくなったので、このサイトやブログを本気で閉鎖することも視野に入れていました。世界Bを日本に導入するにあたり、覆霞の同業者で複数の死者が出たこと、覆霞の友人(世界B実践者)が裁判に巻き込まれ大事になったことが重なりました。かつ、311の後処理いろいろ。

覆霞がサイト上での活動を休止していた間も、世界Bは稼働し続けていました。大久保が入り(西郷はその性質から、聖書ではなく仏教が望ましいと考えたこと、そもそも鹿児島は世界Bの拠点から外れていたことから、西郷への世界B導入はしないと決めていました。福岡を落としたので、その先の鹿児島には辿り着けなかったのです)、入っただけでもビックリだったのですが……

大久保並みに世界Bに反応を示したのが、



木戸孝允でした。



製品名をSaint Lazarus、聖ラザロと言います。

ラザロに反応することも、現代日本人ではあり得ないと言っても過言ではありません。ラザロは貧困の聖人です。

2012年の壁を超えるために世界Bが実施していたことは、2012年までの間に、とある一定の金額を寄付寄贈にあてる人間を確保することでした。寄付先はどこでも良かったのです。問題は、その額と、その額が寄贈者の収入の何割に当たるか、です。

日本人は、世界的に「寄付寄贈をしない、ケチな民族」として有名です。

世界Bでは1000万円単位の寄付寄贈は、当然のことです。

2012年時点でも、年収が2000万円を超える人が、数年かけて2000万円を寄付寄贈することが出来ないのが、日本人でした。ここを拝金主義=中国人と同じ、と捉えられました。日本人の大多数が、2012年バリアを超えられなかった一番の理由は、拝金主義です。

日本とインド以外の世界Bの国々から、日本人=中国人、と思われました。

これは大変恥ずかしいことである、と覆霞は思いますが、2012年当時の日本人に、自覚は無かったと思います。

が、そんな日本の中で木戸孝允が、貧困の聖人であるラザロの反応を示し、

「愛と言うもの」

に繋がりました。

今年、カトリック教会が公式に、聖マルタの日である7月29日に、聖ラザロを一般典礼として祝うことを決めました。



2014年2月13日「愛と言うもの」が作られたのには、以上の経緯があります。

この作品を数年間、頭の中で書いては消しを繰り返しながら、「風のなかのライラ」も生まれました。

全ては、木戸孝允が聖ラザロに反応した、この事実に尽きます。

聖ラザロとCross Caravacaの組み合わせは最高に好きです。またやろうかなぁ。
日本が貧困になるのですけれども。
拝金主義者が消えることは、日本のためになると思うので。
木戸孝允は外見がイケメンなのでは無く、心がイケメンなのだ!
今後もそう叫んでいこうと思います。



聖ラザロの墓についてはこちらで↓

https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g293983-d4773545-r362677453-Tomb_of_Lazarus-Jerusalem_Jerusalem_District.html
autor 覆霞レイカ2021.11.20 Saturday[20:00]
 急激に多忙になりそうなので、論文だけに集中出来る時間がどれくらい確保できるのか、不明になって来ました。

 前の記事で書いた「国際的な雑誌に掲載された世界B」の論文は、「掲載されたことは素晴らしい」ですが、「論文自体は、目が飛び出るほどDQN論文」です。Abstractの時点で間違い発見。なんと「性別」を間違っています。

 雑誌の大本がSpringer(Nature系)なのです。……また、やらかしたのか……
 論文は、人文系として出てしまったのです。
 世界Bは人文系ではなく……科学なんですけれども。
 人文のものを、コロナ禍でわざわざアメリカから船便で輸入したり、米軍が日本の米軍基地に配置しますかねぇ(笑)

 落ち着いて考えれば、間違いにはすぐ気づくはずですが、「研究センターでずっと研究だけをしてきた本・論文と言う二次元だけを見て来た学者」に起こりやすい現象です。それが、世界Bでも生じてしまった。
 プロの人に問い合わせてみました。
「こういう論文が国際雑誌に出てしまったのだけれど、内容が酷い。論文を読んだ人が間違いなく●●(世界Bの製品名)を誤解してしまう」
 プロの人の返答はこうでした、
「まぁ、一発目の初穂の人は、そんなものよ〜HAHAHA!」
 彼らにとってはお笑い論文と言う認識でした。が、Nature系列の雑誌に出てしまったことは間違いありません。
 人文系だと審査が緩いイメージが、今回の論文掲載で判明したことになります。人文の人と普段接触する機会のない覆霞には理解できませんが、人文の人は、その行動パターンとして、「自分の体験に感動し、同様の体験をした人を仲間だと思い、その程度のことをわざわざ論文にして(しかも間違った内容を)世間に広げること」が学術上、正しいと言う教育を受けるのでしょうか。

 論文のなかでは、製品●●を使用した、とある国(日本や米国ではない)でとのくらい●●の効果があり、●●の経緯は……という表現が延々と続き、その国でどのくらい感染が治ったのか、感染者数は結局何名かのデータがありませんでした。
 論文発表の半年後、その国の政府が「コロナ罹患者数の発表した数を間違えてた、ごめ〜ん」と言う発表をしました……

 さて著者は今後、どのような言い訳をしてくるのでしょうか。覆霞は呆れながら、●●の間違った使い方を堂々とプロフィール写真に掲載している研究者の顔を眺めています。

 世界Bの人は人種や民族に限らず、同系統の顔形をしています。
 その研究者は「大外れ」でした。
 おそらく、プロから認められず、プロ監修のもとでの研究を断られたが故に、小さな業者としか連携が出来ない人なのだと思います。
 プロが後ろにつくと、少なくとも性別は間違えません。
 覆霞は●●が大好きなのですが、●●を学者に穢された気分です。が、世界Bのものを悪用すると、世界B自体に消されます。
 間違った研究成果を表に出してしまった研究者が、今後どうなるか、冷たい視線で観察して行こうと思います。
 そう言ったことが判明したので、覆霞も論文を書かなければなった状況です。

 あともう二つ、民間資格を取得することが先になりそうです。

 一番好きな製品を学者によって穢されるって、こんなにも酷いことだったのですね。はぁ……(ノД`) 資格試験を受ける気がナッシングになりそうなので、気合で乗り越えなけばなりません。

 そうそう「Meiji」の大久保利通はCross Caravacaとも相性が良かったです。
autor 覆霞レイカ2021.11.14 Sunday[01:45]

 前の記事で、覆霞の先輩の訃報を書きましたが……数日前、別の方の訃報をいただきました。コロナ禍で、病院受診を控えていたところ、そのまま自宅でお亡くなりになっていたそうです。驚きましたが、その方がお亡くなりになった場所が……

 またまた、世界Bが根付けなかった(導入に失敗した)場所でした。

 それで唖然としていた覆霞に、追加情報まで来ており、再び多忙期間に入ってしまいました。

 しばらく本業に勤しみます。ので、サイト更新がまたストップしやすいと思いますが、覆霞は生きていますので、大丈夫です。




 世界Bの導入に失敗すると、次の導入が出来なくなります(2012年までが導入可能期間だったからです)。導入に失敗した人は覆霞と同じ業界の、同年齢の女性なので、この失敗は世界Bではかなり有名な出来事です。311と無関係に、2010〜2011年に落としたのです(失敗した)。しかも、落とした理由は極めて個人的な理由でした。覆霞を含む北海道・東北出身者のように、「地元を追われて逃げて来た」人ではなく、「関西の金持ち家系に生まれたのに、何故か一人でその環境を出て、人脈の無い場所へ移動し『世界B関西導入は自分がやる!』と宣言して失敗」した女性です。

 その場所を京都府と言います。

 覆霞が「ライラ」の世界で比古清十郎の本拠地を京都に設定しているのは、こう言った事情があるからです。決して原作をなぞったわけではありません。比古くらいの天才でないと、京都は負えない。

 京都を落とした女性はどうやって責任を取るのだろうか? 業界を支えて来た同じ府に住む人が、命の末期でもインフラを使えなかったのです。

 責任は、取らせましょう。世界Bはそう言う世界です。

(福岡の人も同年齢の女性でしたが、業界が違うので詳細は分かりません。覆霞、福岡の人、京都の人の三人で共同開業すれば良い、と言われていましたが、京都の人があまりにもだらしないので、覆霞は断りました。今となっては断って正解でしたが、府民として長年実直に生きて来た人にインフラを使わせない現状を導き出したことは、非常に宜しくないです。)

 大阪の事情とは異なりますが、経済的に大阪→京都の流れは非常に強いので、大阪が回復しないと京都の回復も難しいでしょう。大阪は前に述べた通り、2013年に導入に失敗しています。大阪のインフラを壊した人が吉村府知事の後ろにいますが、この人に関する情報を真っ先にリークしたのは永田町です。その為、大阪府民よりも都民の方が、より詳細に2012年総選挙の時に「吉村知事の後ろにいる人」の情報を得ていました。その人は「如何に自分が都民から侮蔑されているか」を知っているので、「テレビの仕事程度でしか上京しない」そうです。未だに都民は彼をフツーに馬鹿にしています。居酒屋だろうとその辺のカフェだろうと。都民はみんな知っている状態です。

 東京のインフラを詳細に立て直したのは、石原慎太郎さんでした。石原さんとは別の人ですが、都民に中国のリスクを呼びかけたブログを書いた人がいました。そのブログは「役割を終えた」として閉鎖していますが、ログが残っています。

 覆霞が訃報を立て続けに受けたのは、そのログを見て「2008〜2012年の政変」を回顧していた矢先でした。

 京都にとっても福岡にとっても、当時はどうでも良かった事象でしょうが、政治に興味が無いのなら、せめて自分の専門ぐらいはしっかりやって欲しかったです。彼女たちが落とした福岡(=九州の経済拠点)と京都(=本来であれば、真っ先に世界Bが確保出来た筈の簡単な場所)の尻拭いを、世界Bに関して素人の人々が、その地元で負わされています。

 沖縄県が米軍基地にしか導入出来ないのは、純粋に空輸の都合です。世界Bのものは発するエネルギーが強く、金属を使っていない場合でも、保安検査で引っかかってしまうので、飛行機での輸送が出来ません。九州・大阪が落ちたので、船便で輸送する場合には、東京から発送するしかありません。すると時間がかかりすぎます。ここは米軍機に任せた方が早い……という事で、沖縄に関しては日本人による世界B導入は今後も無いと思います。

 大阪はまだ感染者数が増えているのですね。インフラが無いから、当たり前です。吉村さんはいつまで、後ろの人に耐えられるのだろうか。東京では「吉村さんは独立した方が良い」とまで言われています。潰すには惜しすぎる人材だから。

 後ろの人ですか? 遺伝子が怪しいのです。だから永田町からリークが入った。当時、友人の裁判で政治どころでは無かった覆霞でさえキャッチできた、明確なリークでした。

 あれからもう10年になろうとしています。




 世界Bについて、サイト「Nobel」ページで名称を若干明らかにしていますが、その製品についての論文が掲載されました。国際的な雑誌です。コロナ禍に於いて、世界Bがどのように作用したかが発表され公式に掲載されています。素晴らしい!

 と言う訳で、覆霞も論文を書くことにしました。これが、サイト更新が遅れる理由です。

 民間の資格試験には合格しました。

 更新が遅れて申し訳ありませんが、世界Bの発展のためと思って下さると幸いです。



 「ライラ」の世界では、比古が世界Bではなく、日本古来のやり方で京都周辺を回復させている設定です。比古なら出来る!(筈…)
autor 覆霞レイカ2021.10.31 Sunday[13:06]

 サイト、まだまだタグ打ち間違いが散見されます……何とか直します。すみません……レスポンシブとやらは面倒なものなのですね。自分が如何にSereneBachに頼って来たか、身に沁みます。



 前の記事で書いた、危篤だった方は結局、コロナ後遺症で亡くなったそうです。志村けんさんと割と近いご年齢で、志村さんと同じように、遺族となった方には、お骨だけが渡されたそうです。

 彼の所属していた会社からの情報では、三回目の危篤から帰らぬ人となったそうです。残念ながら、コロナはそう言う性質を持っています。これで彼の専門分野で現役で有名だった人(合計3名)のうち、現役で動けている人が一名になってしまいました。もう一人は生存はしているものの、再起不能の状態です(それで研究自体が止まってしまった)。2010年3月に翌年の311を予測し、データを公開して避難を呼びかけたグループのトップ研究者なのですが…… もう世界Bでやるしか無い状況に追い込まれています。


 元国務長官のパウエルさんもお亡くなりになったそうです。
 ブッシュJr.政権が好き勝手出来たのはこの人と言う強靭な背景があったからだと思いますが、さぁこれで、「成功への秘訣は無い」と断言していたバリバリの元軍人が居なくなった。ラムズフェルドがインフルエンザ治療薬「タミフル」で巨額の富を得たことを知る人間は地球に何人残っているだろう?

 コロナワクチンですか? 覆霞は今後も接種する予定はありません。インフルエンザも強制的に人生で一度だけ接種したのみでした。

 世界Bではコロナは終息したものと考え、「新型コロナウイルス対策festival」は終了しています。

 また良い商品がセールされているのですが、今は我慢。(まだ自宅に在庫が溢れているので) でも本当に良いものが出ている。いいなぁ。
autor 覆霞レイカ2021.10.26 Tuesday[17:26]
1 / 21 >>
New entry
Archives
Category
comment list
User List
Recommend