Diary & Novels for over 18 y.o. presented by Reica OOGASUMI.
Sorry,this blog is Japanese only.

      count : hits!
      覆霞へのコメントは各記事へお願いします。 メールはこちらへどうぞ→mailform

      最終更新21th Sep.2021→「Balsamic Moon」全面改装
<< May 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
邪魔はしたくないので、少しだけ。


ウクライナは世界B加入国ではありませんが、生産国です。

ロシアは世界B加入国ではありませんが、生産国です。

生産国同士の戦いです。

どうしようもありませんが、世界B加入国はほぼNATOなので、軍事的な勝敗は見えています。

ロシア国内での生産地は、ロシアの東部で、モスクワからかなり遠い地域です。そこで優秀な品を作っても、モスクワが掠め取っていく。旧ソビエトの頃から、この流れだそうです。

今回の件で、ロシアの領土割譲が実行されて生産地が世界Bに取得されると良いなぁ……と思っています。

今回の件でたった一つ、良いことが生じました。

「全世界が、インドが敵だと認識したこと」

これは本当に良かった。

インドが追い出した、本来1999年に世界Bに入るべきだった国が、台頭出来る流れになっています。あの国は良いですよ、秩序があって、矜持もあり、何より正当な仏教国。

世界Bの配置図が変更することを願っています。もちろん、ウクライナに対しては出来ることをしている段階です。

ウクライナは賢い人を大統領に選びました。


令和4年3月13日 覆霞レイカ
autor 覆霞レイカ2022.03.13 Sunday[18:06]
覆霞は都内の安全なところで、コロナウイルスにも感染せず、ワクチンも接種せず無論今後も予定無く、無事に生きています。

今年の東京は冷えます。昔の東北のようです!とても良い兆しです。

世界Bでは、気候の寒冷化を歓迎します(「風のなかのライラ」で東京が寒い、と設定したのは、世界Bを基盤にして作ったため)。今年は大当たりですね。

東北の山奥出身の覆霞は、「(雪よ)もっと降れ、もっと降れ、冷えまくれ……」と言い続け、古くからの都民に嫌がられています(笑)。湿度が上がり気温が下がると、豪雪地帯出身地の人間の肌が、しっとりして、内臓も元気になります。気温の変化に耐えられない軟弱な都民(彼らは幼少時からエアコンを使いまくっているので、筋肉も神経も軟弱です)が遊び歩けなくなり、飲食店は一部を除いて荒廃し、軽い業務で稼ぐことが出来なくなり重労働しか待っていない。これらは世界Bの基準を満たしています。世界Bの仕事関係の製品には、「飲食業」や「アパレル」と言うものは全くなくて、「教師・教員」「大工」「建築業」「農家」「畜殺業」「看護師」「警察官」と言ったインフラ業に人を就かせる効果のものしか作られていません。アメリカ的なところでは、「弁護士」はありますが、世界Bで弁護士は聖職としては扱われていません。

天気予報士も入っていないです。日本の予報士は外しまくっているのに年収が悪くないです。彼らの外し方は、311で証明されています。

と言う訳で、覆霞は元気に暮らしています。



確定申告を無事に終え、今年の仕事が終わった感じです。(2月なのに、もう終わった感)

が、昨年の秋〜冬にかけて、大異変が覆霞の知らないところで起こっておりました。

親戚の方針により、(現在はまだですが)覆霞が地主になることになりました。

場所が………大笑い、なんと岩手県です。

岩手県の、超悪玉・悪の大玉が支配する土地なのです(爆笑)。

まずは親戚から覆霞の親に権利が移り、その後覆霞が管理することになりますが……

岩手県www あそこかよwww

と言うわけで、大爆笑しながら今年を迎えました。覆霞の出身地ほど豪雪地帯ではないし、交通の便も良いので、はっきり言って超絶ラッキーなのですが

その、地主の立場を譲ってくる親戚が、覆霞が東北在住中に出入りしていた、岩手県のとある建物に、現在も業務で出入りしているのです。

そこで、彼は知ってしまったらしい。

311の犯人を。

彼はインフラ業なので、アナログとデジタルの両方のデータを管理することが可能で、可能と言うか、見ざるを得なくて見てしまい、彼の故郷(岩手県のその土地)の実態を把握し、大変なショックを受け、「もう自分は岩手を捨てる」と決め、

結局、その建物の内部も知っている覆霞のところに、代々の家業の権利を移すことに決め、税理士の方も入れて決定してしまったそうです。

彼はもともと、故郷について好きでも嫌いでもなく、普通だと思っていたそうですが、

311のデータと言うのは、誰が見てもショックを受けるものです。それを、公表すべきところを、岩手県は県として未だに公表していません。しかし、デジタルは誤魔化せても、アナログは誤魔化せません。彼はその、アナログデータを現場で見たようです。岩手に出張に行くたびに落ち込んでいたので、どうしたのか、と思っていたのですが、データが彼の心に穴を開けてしまいました。

311当時、彼は岩手におらず、東京で働く予定でしたが、地元と言うこともあり、北東北ブロックに飛ばされ、覆霞の血縁者と縁があって、親戚となりました。これは2015年のことでした。

世界Bはそもそも岩手県には導入されていませんでした。悪の大玉が支配する土地なので、入れなかったのです(誰も入りたくは無いですよ)。悪の大玉と言うほどでは無い人々がいた北海道の方が、導入が早かったので、東北は日本海側を主にしており、太平洋側は対象外となっていました。悪の大玉がある限りは、いくら世界Bの、例えば廃盤となった最強の製品を使っても、ロクな結果が出ないのです。それよりも、そこそこの製品で良好な結果を出す方が良い、と判断し、北海道・東北は実施していましたが、全員311の前に関東へ退避しました。現時点でも、東北では世界Bの実施はありません。

覆霞も東北に長くいましたし、東北らしさはうんざりするほどわかっています。その為、今後東北への再導入はする必要は無い、寧ろ、北海道よりも北を狙うか…などと考えていたのですが、

岩手の土地が手に入りそうです。

世界Bを、やろうと思います。

ラザロのような高級品は使いません。一番下等なところから行きます。東北で良く使っていた製品で、本当に下等なんですけれども、311の犯人を炙り出すためには、下っ端を見るしか無いのでしょう。

勿論、東北に足を取られるわけにはいかないので、覆霞の拠点は今後、アメリカに移り、不動産関係で帰国して税理士事務所に行って……と言う生き方になると思います。流行?のFIREではなくて、「親戚の方針で、不労所得の人になったから、海外で本業として研究をして、副業は国内の不動産業者」になります。

世界Bでは1000万円単位の寄付は当然、と前の記事に書きました。

それは、

2012年12月までに基準を満たすと、このように返ってくるからです。

覆霞の家はもともと地主だったので(戦後、GHQに土地を取られた)、もとの家業に戻るのだろう、と思っています。

しばらく前、日本のテレビ番組?で「倍返し」と言う言葉が流行ったようですが、世界Bでは倍返しなんてセコイことはしません。

基本の数字はありますが、世界Bに認定される程度使い込むと、

10倍とか1000倍とかです。

だから、

寄付寄贈を徹底しておけば良かったのに。

聖ラザロやCaravacaに助けられた側として、そう思います。



とは言いながらも、悪を炙り出すのは覆霞の仕事らしいので、一番下等なものを大量に使って、

311の加害者と被害者を、表に出しましょう。まぁ、そこは、考えようによっては、楽しいかな。

加害者は毎月のように、Web講演会を開催しています。儲かるのですよ、大企業をバックに講演会をすると。20年前から、この構図は変わっていません。なんと、演者も変わっていない。

岩手県はそう言うところです。

令和4年2月20日 覆霞レイカ
autor 覆霞レイカ2022.02.20 Sunday[16:07]

……意外なことに、BalsamicMoonなどで使用した製品名を明らかにしてから、こちらのブログとサイト全体のアクセスが伸びていまして。

びっくりしたと言うよりも、やっぱり?!と言う印象なのでしょうか。

BalsamicMoonは(途中から)計画性を以て作成されたという事に。

当初はBalsamicMoon内の大久保利通の、世界B製品への反応があまりに良すぎて「やるしかない」と思い、遊び半分で作成を開始したサイトを、世界B導入の手段の一つとして、ガチで方向を転換したことが切っ掛けでした。

世界Bはその傾向として、そもそも日本文化と全く相性が良くありません。その辺の、日本文化に染まって育った日本人に、聖書やキリストの話をしてみてください。殆どが無視か無関心だと思います。

その環境下で、大久保利通が異様な反応を示したのです。驚異的でした。とても、「現代日本人とは思えない反応」でした。

でも大久保利通は、そもそも現代日本人では、ありませんよね。鹿児島の人は遺伝的に、昔から外部の要因が入り得る背景があった、とひそかに言われているようです。

大久保に限らず、江戸末期〜明治初期の日本人と、現代の日本人が書く文章や文字は、似ても似つかないものです。
同じ島に暮らしているだけで、その精神性は全く別物である、と覆霞は考えています。

で、導入が困難ではない大久保を介して導入を開始したところ……

別の人物が、これまた現代日本人が最も嫌がる製品での反応を示したのです。

大久保がやたらと反応した製品は、前の記事に書いたとおり、Cross Caravacaと「Novels」に記載した製品です。あれに反応すること自体、アジア人ではないと考えて良いです。

大久保ってこう言う人だったのか……と驚きながらも、書きました。

一方、覆霞が多忙になり、サイト管理が難しくなったので、このサイトやブログを本気で閉鎖することも視野に入れていました。世界Bを日本に導入するにあたり、覆霞の同業者で複数の死者が出たこと、覆霞の友人(世界B実践者)が裁判に巻き込まれ大事になったことが重なりました。かつ、311の後処理いろいろ。

覆霞がサイト上での活動を休止していた間も、世界Bは稼働し続けていました。大久保が入り(西郷はその性質から、聖書ではなく仏教が望ましいと考えたこと、そもそも鹿児島は世界Bの拠点から外れていたことから、西郷への世界B導入はしないと決めていました。福岡を落としたので、その先の鹿児島には辿り着けなかったのです)、入っただけでもビックリだったのですが……

大久保並みに世界Bに反応を示したのが、



木戸孝允でした。



製品名をSaint Lazarus、聖ラザロと言います。

ラザロに反応することも、現代日本人ではあり得ないと言っても過言ではありません。ラザロは貧困の聖人です。

2012年の壁を超えるために世界Bが実施していたことは、2012年までの間に、とある一定の金額を寄付寄贈にあてる人間を確保することでした。寄付先はどこでも良かったのです。問題は、その額と、その額が寄贈者の収入の何割に当たるか、です。

日本人は、世界的に「寄付寄贈をしない、ケチな民族」として有名です。

世界Bでは1000万円単位の寄付寄贈は、当然のことです。

2012年時点でも、年収が2000万円を超える人が、数年かけて2000万円を寄付寄贈することが出来ないのが、日本人でした。ここを拝金主義=中国人と同じ、と捉えられました。日本人の大多数が、2012年バリアを超えられなかった一番の理由は、拝金主義です。

日本とインド以外の世界Bの国々から、日本人=中国人、と思われました。

これは大変恥ずかしいことである、と覆霞は思いますが、2012年当時の日本人に、自覚は無かったと思います。

が、そんな日本の中で木戸孝允が、貧困の聖人であるラザロの反応を示し、

「愛と言うもの」

に繋がりました。

今年、カトリック教会が公式に、聖マルタの日である7月29日に、聖ラザロを一般典礼として祝うことを決めました。



2014年2月13日「愛と言うもの」が作られたのには、以上の経緯があります。

この作品を数年間、頭の中で書いては消しを繰り返しながら、「風のなかのライラ」も生まれました。

全ては、木戸孝允が聖ラザロに反応した、この事実に尽きます。

聖ラザロとCross Caravacaの組み合わせは最高に好きです。またやろうかなぁ。
日本が貧困になるのですけれども。
拝金主義者が消えることは、日本のためになると思うので。
木戸孝允は外見がイケメンなのでは無く、心がイケメンなのだ!
今後もそう叫んでいこうと思います。



聖ラザロの墓についてはこちらで↓

https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g293983-d4773545-r362677453-Tomb_of_Lazarus-Jerusalem_Jerusalem_District.html
autor 覆霞レイカ2021.11.20 Saturday[20:00]
 急激に多忙になりそうなので、論文だけに集中出来る時間がどれくらい確保できるのか、不明になって来ました。

 前の記事で書いた「国際的な雑誌に掲載された世界B」の論文は、「掲載されたことは素晴らしい」ですが、「論文自体は、目が飛び出るほどDQN論文」です。Abstractの時点で間違い発見。なんと「性別」を間違っています。

 雑誌の大本がSpringer(Nature系)なのです。……また、やらかしたのか……
 論文は、人文系として出てしまったのです。
 世界Bは人文系ではなく……科学なんですけれども。
 人文のものを、コロナ禍でわざわざアメリカから船便で輸入したり、米軍が日本の米軍基地に配置しますかねぇ(笑)

 落ち着いて考えれば、間違いにはすぐ気づくはずですが、「研究センターでずっと研究だけをしてきた本・論文と言う二次元だけを見て来た学者」に起こりやすい現象です。それが、世界Bでも生じてしまった。
 プロの人に問い合わせてみました。
「こういう論文が国際雑誌に出てしまったのだけれど、内容が酷い。論文を読んだ人が間違いなく●●(世界Bの製品名)を誤解してしまう」
 プロの人の返答はこうでした、
「まぁ、一発目の初穂の人は、そんなものよ〜HAHAHA!」
 彼らにとってはお笑い論文と言う認識でした。が、Nature系列の雑誌に出てしまったことは間違いありません。
 人文系だと審査が緩いイメージが、今回の論文掲載で判明したことになります。人文の人と普段接触する機会のない覆霞には理解できませんが、人文の人は、その行動パターンとして、「自分の体験に感動し、同様の体験をした人を仲間だと思い、その程度のことをわざわざ論文にして(しかも間違った内容を)世間に広げること」が学術上、正しいと言う教育を受けるのでしょうか。

 論文のなかでは、製品●●を使用した、とある国(日本や米国ではない)でとのくらい●●の効果があり、●●の経緯は……という表現が延々と続き、その国でどのくらい感染が治ったのか、感染者数は結局何名かのデータがありませんでした。
 論文発表の半年後、その国の政府が「コロナ罹患者数の発表した数を間違えてた、ごめ〜ん」と言う発表をしました……

 さて著者は今後、どのような言い訳をしてくるのでしょうか。覆霞は呆れながら、●●の間違った使い方を堂々とプロフィール写真に掲載している研究者の顔を眺めています。

 世界Bの人は人種や民族に限らず、同系統の顔形をしています。
 その研究者は「大外れ」でした。
 おそらく、プロから認められず、プロ監修のもとでの研究を断られたが故に、小さな業者としか連携が出来ない人なのだと思います。
 プロが後ろにつくと、少なくとも性別は間違えません。
 覆霞は●●が大好きなのですが、●●を学者に穢された気分です。が、世界Bのものを悪用すると、世界B自体に消されます。
 間違った研究成果を表に出してしまった研究者が、今後どうなるか、冷たい視線で観察して行こうと思います。
 そう言ったことが判明したので、覆霞も論文を書かなければなった状況です。

 あともう二つ、民間資格を取得することが先になりそうです。

 一番好きな製品を学者によって穢されるって、こんなにも酷いことだったのですね。はぁ……(ノД`) 資格試験を受ける気がナッシングになりそうなので、気合で乗り越えなけばなりません。

 そうそう「Meiji」の大久保利通はCross Caravacaとも相性が良かったです。
autor 覆霞レイカ2021.11.14 Sunday[01:45]
1 / 9 >>
New entry
Archives
Category
comment list
User List
Recommend