Diary & Novels for over 18 y.o. presented by Reica OOGASUMI.
Sorry,this blog is Japanese only.

      count : hits!
      覆霞へのコメントは各記事へお願いします。 メールはこちらへどうぞ→mailform

      最終更新21th Sep.2021→「Balsamic Moon」全面改装
<< October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大変遅くなりましたが、お返事をしました。
無事にこちらの返信が届けば良いのですが……

このブログのコメントもなのですが、メールフォームも、なぜか反映が遅いです。
覆霞が色々いじりすぎたからかも……知れません。
本当に申し訳ありません!!!!!


インデックスの背景やら、細々としたところを更新しました。
頭の中で妄想はまだまだ続いています。
あとは、ゆっくり出来る時間と健康な体が欲しいです。

覆霞の先輩に当たる人が、現在コロナの後遺症で、肺が真っ白、何度も危篤になっています。彼は癌の専門家でして……まずいなぁ… 九州出身の人で、世界Bの住人ではないので、こちらとしては何も出来ないのです。
日本でもともと世界Bを実施していたのに、真っ先に堕ちたのが、九州(福岡)でした。確か2009年頃だったと思います。その後の回復もありませんでした。何せ、本格的に新幹線が入ってしまいましたので……
九州が新幹線フィーバーで湧いていた頃、覆霞には九州出身の知人が殆ど居なかったので、平然と「九州の自然の回復には、あれしかない」と明言していたのですが、2015年以降、九州出身の知人が増え、明言が出来ない状態になりました。覆霞と言うか、知っている人なら誰でも分かることなのですが、新幹線で湧いてしまった九州を故郷に持つ人にとって、こちらの意見は、信じられないでしょう…… が、覆霞よりも遥かに自然についての専門家は、覆霞と全く同じ意見を表明しています。
早く実施した方が良い。
でないと、世界Bでやるしかありません。2012年以前の東京以上に死者が出ると思います(だから、自然でやった方が良い、と言う意味です)。

コンパスの針を東京駅に刺すとして、鉛筆の芯側を嘉手納に向けて、円を書くと……現在の日本人が想定しているよりも遥かに広大な領地が、北方領土となります。これがあったから、2008年に北海道を(表向き)捨てた。が、嘉手納が頑張ったのです。
台湾は心配要りません。あそこはもともと日本で、今後また日本になるからです。
問題は、やっぱり恐ロシア。
ロシアは良い国ですよ。
世界Bの質の良い製品を作り続けながら共産圏していると言う、恐ろしい国です。中国なんて目じゃないっす。
歴史的なものが大きいので、あまり大きな声では言えませんが、覆霞にとって「ユーリ」は「ミロノフ」ではなく、「ガガーリン」です。彼がいたからこその、宇宙開発でした。
こう言う複雑な気持ちを持ちながら、対共産圏対策をしています。難しいけれど、勉強になる。勉強にはなるが、難しい。やっぱラテン語を学ばないと、ダメかも。
そんな日々を過ごしています。
autor 覆霞レイカ2021.09.26 Sunday[21:42]
シルバーウィークを使って、サイト改装をしました。
全部ではありませんが、だいたい完成しました。
このブログの「Balsamic Moon」から行けます。他サイトもいずれ統合します。

このブログのみ、スマホ非対応です。Serene Bachの仕様のためです。無料で使わせて貰っている身なので、これ以上我儘出来ません。

改装にあたり、「風のなかのライラ」の移行が物凄く大変でした……まだ不備があるので、時々直していきます。
autor 覆霞レイカ2021.09.21 Tuesday[08:11]

アクセスありがとうございます。

東京の医療情報が面白く感じられるのでしょうか(笑)。
コロナ禍に於いて、様々な範囲で笑いの出る話題が激減しているようなので、このブログが笑いを提供できているとしたら、幸いです。
今日の記事では、話題があちこちに飛びます。
サイト改装はシルバーウィーク中に運用開始が出来れば……と言うところです。


現在、覆霞の先輩に当たる方で、都内で癌の研究をしている人が、コロナウイルス感染症のため入院中です(マジで)。
ああ言う人が死ぬのはアカンよ……と見守っておりますが、回復中だそうです。入院直後はSpO2が90%を切っていたそうな。

で……「なんとかフェス」と言う、音楽系?のイベントが開催されているのでしたっけ? 

音楽系だか何だか分かりませんが、緊急を要しない、趣味のイベントを開催する自治体には、世界Bの実践者が一人もおりません。
昔、千葉県にはいたのですが、結局311発生前に、東京に逃げ帰って来ました。311が原因なのではなく、「あまりに良い場所だと感じたことを、芸能人に知られてしまい、次々と危険な人々が集まって、良い場所だった場所が危険な場所になり、世界B実践地として適切ではなくなったと判断されたから、実践者が東京に戻った」ためです。
新潟県は、そもそも世界B実践者が、誕生も在住もしていない場所です。今後の導入予定もありません。愛知県も同じです。
そう言うところで、「何とかフェス」が開催されています。
我々は絶対に参加しませんが、現在のところ、「参加は個人の自由」と言うことになっています。
ワクチンやGPSで個人情報が管理されていることを知らない国民は、哀れですねぇ。でも、こう言った現実を作ったのは日本に住む日本人です。
「とにかく自由」が好きらしい。
ICUで勤務する人たちに、今も自由は無いです。遊びに行くなんて、とんでもない。


日本に於ける世界B実践地は、東京(と言っても一部)、厚木(米軍基地内)、嘉手納(米軍基地内)の三か所です。
2000年代初頭は横浜が頑張っていたのですが、千葉県と同じ理由で、実践者が東京へ退避し、その後の回復がありませんでした。
県で言ったら、47のうちたった3か所のみ有効、と言うのは、先進国失格だと思いますけれども。


元来、「Festival」とは、芸術系のお祭り騒ぎイベントを指す言語ではありません。
世界B用語と言っても過言ではないくらい、厳粛な言語です。それを、楽しみ重視の言語に転用してしまった、と…… いかにも快楽主義な現代日本人らしい軽々しい転用ですが、そう言うことにも責任を取らせていくのが世界Bのスタンスです。
そう言う意味で、中国の崩壊を眺めるように、覆霞は今後の展開を楽しみにしています。
一方、現時点で、上海との連絡は民間レベルで出来ています。(盗聴は覚悟の上で)


都内で、コロナウイルスによると思われる遺体が転がっているのは、事実です。どうして早急に受診なり相談なりを出来なかったのか、疑問符がつく人が、中にいます。都の上の人たちは、疑問符のつく人を「積極的には」救済していません。癌の研究で実績を上げてきた人を見捨てることは、東京都はしていません。(西日本では同様レベルの人に死者が出ましたが、前の記事に書いたように、東京と大阪とでは、事情がまるきり違います) インフラの無い大阪で吉村知事が頑張ろうとしているのに、愛知県が足を引っ張ってしまいました。そして新潟、次は千葉市か……
きついなぁ。
覆霞の同期がたくさんいます。彼らもコロナでやられてしまうとなると、現場は非常に荒れます。(ちょうど、世界Bが千葉県から撤退した頃、彼らはアメリカに留学していました。資格の都合で帰国。長期間アメリカにいると、日本国内での仕事がやりづらくなる分野の人たちです)
それでも「フェス」なるものをやりたい人たちが、これから責任を取らされるわけです。


覆霞としては、同期の人たちがとにかくコロナウイルスに接触しないことを願うのみです。彼らはワクチン接種済みでしょうが、世界Bが無い。
インドでニパウイルスがまた発生しました。
二パは、やめようよ。いい加減にしようよインド。
取りあえず、論文へのリンクを張り付けておきます。ブラウザで日本語翻訳機能が出来る方は、どうぞ↓↓

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6830995/

コロナウイルスが来たと言うことは、次が来ると言うことなので。
スパイクの出方が、涙が出るほど素晴らしい。
これを世界B最下位の国が広めに来るのか、と思うと……


菅総理、お疲れさまでした。本格的に貧乏くじを引いた人でした。
いま、「何とかフェス」が出来ているのは、彼が海外とのワクチン交渉を行ってきたからの筈です。二パが頑張ったら、どうなるのだろう?
二パの応援はしませんが、世界B実践者は、昔からインフルエンザウイルスにも罹患はしません。実践者が罹患したら嗤われます(「プロじゃねぇ」)。
インフルエンザのことは以前、香港A型、ソ連B型と呼んでいました。
そもそも共産圏が作……おっと、文字ではここまでだ。


来年春以降の、講演依頼が来ました。準備に入っています。東京の経済は、回復しています。
回復していないのは、インフラではない業種です。覆霞の縁者はインフラ業が多く、コロナ禍でむしろ、ボーナスが増えています。ボーナスが良かったから、しばらく退職しないと言っています。
コロナ不況とか、都内から逃げて関東の違う県に転居するとか、あり得ません。寧ろ、中国人が買い占めていた港区や中央区から中国人が追い出されて、しかし日本人が買えずにいる現況を、戦前から都内に住む人たちは、安心して眺めています。
もともと都税を納めていなかったのに定年後に都内のインフラを使い、楽をして生きようとしていた人たちが、東京から追い出されたからです。都民として長年都税を納めて来た人たちにも、彼らなりの言い分があるでしょう。
311で避難してきた……と言いながら、港区や江東区のタワーマンションで補助金詐欺を働きながら、延々と地元に帰ろうとしない人たちを、長年眺めて来たのも、都民でした。タワーマンションで大騒ぎしていた中国人と同レベルで見做していました。地元に帰還した人も、いたからです。
国税庁なのか、復興庁なのか、どこが彼らを断罪するのか知りませんが、まぁ、冷静に観察してあげて下さい。彼らは真っ先にワクチンを接種しただろうなぁ。個人情報、把握されちゃったなぁ。(ワクチンのロット番号ではありません)「なんとかフェス」に参加したら、終わりだなぁ。
何せ相手は、百合子ちゃんですからね。
東京都は今も緊急事態宣言中です。

来年講演の二か所目は、福島県です。コロナ前にも、複数回の講演歴がありました。
あの時、放射能に関して話しておいて、良かったと思います。


令和3年9月 覆霞レイカ
autor 覆霞レイカ2021.09.14 Tuesday[18:35]
2021年ゴールデンウィークです。如何お過ごしでしょうか。

アクセスをいただいていますので、生存報告をしておきます。

↓↓
autor 覆霞レイカ2021.05.02 Sunday[19:59]
1 / 8 >>
New entry
Archives
Category
comment list
User List
Recommend