Diary & Novels for over 18 y.o. presented by Reica OOGASUMI.
Sorry,this blog is Japanese only.

      count : hits!
      覆霞へのコメントは各記事へお願いします。 メールはこちらへどうぞ→mailform

      最終更新21th Sep.2021→「Balsamic Moon」全面改装
<< March 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 通常ならETCレーンを通り抜ける筈の料金所を一般車レーンに入り、開けたパワーウィンドウから手を伸ばして、係員に警察手帳とブラックカードを提示する。普段財布のカード入れに入れてある重いカードに印字された五七桐花紋とRYOMA SAKAMOTOの二つを見れば、いかなる時でも支払い不要でゲートが開く。

 凍り付いた係員を横目で確認する間も無くアクセルを踏み込んで、愛車のアクセラハイブリッドを時速120キロまで加速した。ここでは、誰もこの車を停めることなどできやしない。

 内閣総理大臣直轄の非公開特別警察。

 アメリカならこう言うだろう

 シークレットサービス、と―――――
autor 覆霞レイカ2014.03.20 Thursday[05:02]
 良い香りがする。土方さんの車と「サロニカ」に漂っていたあの香りが、嗅覚だけではなくて聴覚や触覚にまで及ぶような、それでいてどこかに溶けてしまいそうな、あの、

「………」

 視界の右側に、紺と深緑の不定幅ストライプ模様が見える。薄手のシャツの下で肩甲骨が浮いていて、このひと痩せたなぁ、と思った。日を追うごとに痩せて、細くなって、なんだか髪の毛まで茶色に見える時がある。出会った頃は真っ黒だったのに。

 こうやってこのひとはどんどん薄くなって、どんどん軽くなって、いつしか空気に融けて行くのではなかろうか

 引き止めたくて手を伸ばそうとしたとき、意外にも腕が重くて上手く持ち上がらず、もぞもぞと布団の中でもがいてしまった。

 ―――――布団?

「!」

 一人で勝手に驚いた俺が起き上がろうとすると、彼が振り返った。

「起きたか」

「……土方、さん」

 振り替えた彼はやっぱり薄くて、―――――髪は茶色だった。

 自分の目がおかしくなったのだろうかと頭を左右に振りながら、俺は起き上がろうとした。土方さんが体を捻ってこちらを見て、腕を伸ばし、俺の体に掛かっていた二枚のタオルケットが体の前方に倒れるのを、白い掌で押さえながら、俺が起き上がってソファに座り直すのを介助してくれた。

 土方さんの体の部分部分が近づくたびに彼の香りがして、クラクラする。上から二つ目までのボタンを外したシャツから覗く肌が艶めかしくて―――――クラクラする。

 眠気の残る頭を軽く振った。

 視界に入って来る家具を見たことが無い。マホガニーのチェストだ。綺麗な。

「ここ……土方さんのお宅ですか」

 訊くと彼は、ああ、と言った。

「お前が途中で寝たからよ。お前ン家(ち)はだいたい知ってるが、管理人常駐で、オートロックじゃねぇだろ? 勝手にお前の鍵を使うわけにもいかねぇから、うちに連れて来た」

 土方さんは、先程まで本を読んでいたらしい座卓を少し向こうに追いやって、俺と向き合うようにして座卓に座った。黒のジーンズを履いた脚は、やっぱり痩せていた。

 うちに連れて来た、と言うことは、ここは土方さんの自宅マンションと言うことになる。今日、俺がキスして、キスした土方さんのプライベートルーム。

(………)

 急に動悸がして、眠気が一気に覚めた。

 土方さんはそんな俺に、座卓の脇にあったペットボトルを差し出した。俺の好きなクールマイヨール。いただきます、と言ってキャップを開けようとして、肩甲骨がひきつった。

「いた、」

 キャップを上手く開けられずに固まった俺からペットボトルを取って、土方さんはきゅっとキャップを開け、ほらよ、と言ってもう一度俺に差し出した。常温になっていた水が旨いと感じて、三分の一ほど飲んだ。飲んで、はぁ、と軽く息を吐くと、土方さんの白い喉仏が上下した。

「…お前な、」

「はい」

「背中に、ひびが入っているそうだ」

「………は…?…」

「右肩甲骨と同じ側の肋骨二本に、軽くだがひび割れがある、為兄がそう言ってたぜ。レントゲンは撮ったのか?」

「…はい。松本先生からは何も言われませんでした」

 言うと彼は、はぁん、と言って目を細めた。アイボリーの壁紙に反射した間接照明に照らされた睫毛が長い。睫毛も茶色に見えた。

「レントゲンでは写らねぇぐらいの、小さいヒビなんだろ。それじゃぁ、診断書で打撲扱いになっちまわぁな。……ま、あのヤブ医者に打撲と亀裂骨折で全治一か月とか診断書書かせれば、傷病休暇取れるだろ」

 日野署は三十五名の刑事課署員で成り立っている。三十五名で六日間の当直を回す都合、俺たちはだいたい六日に一度の当直をしている。一回の当直で五、六名の刑事が刑事課の当直室に集まって、敷いた布団のうえでごろごろしながら事件が起こるのを待っていた。起こらない夜には皆で爆睡するか、布団に持ち込んだパソコンのキーボードを叩く。

 骨にひびが入った背中では、そのどちらもが難しい。背中にコルセットを付けなければならないかも知れない。

 だから治るまで休んでいろ、これは俺の命令。

 いいな、

 と土方さんは言った。

 俺には、はい、と答えるしかなかった。ここで無理をしては、治癒に時間がかかり刑事課全体に迷惑をかけることになる。それは避けたかった。このひとが、

 山南さんや鎌足さんにこれ以上責められるのは嫌だから。

 このひとにあんな貌(かお)をさせるのが、嫌だから。

 世界でいちばん、美しいのだから。
autor 覆霞レイカ2014.03.20 Thursday[05:00]
 調子に乗って、また更新しました。

 風のなかのライラ(おまけ)に
  「落雷(一)」
  「山崎さん家の丞さん」

 仕事で出版する本のゲラチェックが終わりまして、一息ついたところです。ルーチンをしながらのゲラチェックは時間が足りないので、仕事帰りにレストランに寄ってブランデーとカルヴァドスを飲みながら、22時頃まで粘って、赤文字を入れました。

 ライラシリーズはブランデーを飲みながら書くことが多いです。

「―――Foggy Rain―――」に出て来た店に、ボスに連れられて良く行きます。先日もワインを2本開けてきましたが、やっぱり酔わず、元気な頭で「―――Foggy Rain―――」を作成したのでした。大酒飲みなんです私。ここ数年で、ちっとも酔わない体になってしまい、飲酒する意味を失くしつつあります。どうすんだ、うちの在庫……

 山崎×土方と言えば、サントリーに「山崎」ってウィスキーがありましてね(ぶつぶつ…)。

 昔、萩市に取材に行った時、萩市内の酒屋で「晋作」と言う日本酒を発見したのですが、「二級酒だから、観光客向けではありません」と言われて購入出来ませんでした。

 大好きな日本酒がありますが、秋田の小さな酒造で作られているもので、絶対に地元以外には出回りません。世間に流布すると、味が落ちるんですよ。だから、超一級の「山崎」やカルヴァドスはかなり美味しいのでしょうね。

 Web拍手ありがとうございます。
autor 覆霞レイカ2014.03.10 Monday[03:36]
 大阪出身の山崎さんが、その美貌と裏腹の鬼畜さで「妖女」と名高い土方さんと一緒に暮らし始めて数か月目の、春。

 これは、珍しく降雪が続いた日野市も漸く暖かくなって、ぽかぽかの陽気が降り注ぐようになった、とある日曜日の朝の小話です。
autor 覆霞レイカ2014.03.10 Monday[03:35]
<< 2 / 4 >>
New entry
Archives
Category
comment list
User List
Recommend