Diary & Novels for over 18 y.o. presented by Reica OOGASUMI.
Sorry,this blog is Japanese only.

      count : hits!
      覆霞へのコメントは各記事へお願いします。 メールはこちらへどうぞ→mailform

      最終更新21th Sep.2021→「Balsamic Moon」全面改装
<< December 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 松本医師から「全治二か月」の診断書を持たされて日野署に着いた俺は、既にトレードマークになった婦警服を着こなした鎌足さんに両手を広げられ、派手に出迎えられた。彼の本日のネイルは水色のハローキティである。先週は、デイジー・ダック(ドナルドのGF)だった。生活安全課の彼のデスクには、特大のクマのプーさんぬいぐるみが警察官服を着せられて置いてある。警官服は鎌足さんの手作りだった。

「鬼が出払った今が、署長室に突撃するチャンスよ〜! あたしが山南さんを呼んで来て、あ・げ・る♪」

 そう言って鎌足さんが二階の刑事課第一(室)目がけて、署の一階から二階へと至る階段を駆け上るのを見上げた俺は、軽く溜息をついて、一階のほぼ中央に位置する署長室へ向かった。

ワイシャツ姿に肋骨固定用のバンド(柔らかめのコルセット)をした俺の姿を、署を訪れている一般市民の目が追いかけてくるのが分かる。山南さんと合わせて、「刑事らしくない刑事ナンバーワンとツー」「刑事課最後の砦」と呼ばれること甚だしい俺は、市民の目には「刑事らしくない気の毒な人」にしか見えないらしく、老婦人が膝に大切そうに抱いている円らな瞳をしたチワワにさえ、くぅん、と鼻を鳴らされてしまったのだった。

 …これが土方さんだったら、市民は恍惚となるか蒼褪めるかなのだが、どう頑張っても自分には、市民をそういう意味で恐れさせることは不可能らしかった。俺の為に?鳴いてくれたチワワに軽く笑った俺を見て、チワワを抱いた老婦人が会釈をしてくれる。一般市民に嫌われるよりは余程良いだろうと思い直して、俺は一階の廊下をまっすぐに歩き、山南さんが降りて来るまで、署長室と書かれた扉の前で待つことにした。

 待つこと一分で山南さんがやってきたので、彼のノックの後に俺は署長室に入る。左胸に警視の階級章、右胸には警察署長記章を輝かせて、近藤署長が俺たちが入室するのを椅子に座ったままの姿勢で眺めた。キッと音を鳴らして肘掛け付のチェアをこちら側に回転させた署長と視線が合ったところで、

 ふわり  と

 彼の香りがした。

 サロニカの香りだった。

 彼の涙が忘れられない。

 今もまた、泣いてはるんやないか――――――

 心で。
autor 覆霞レイカ2014.05.06 Tuesday[04:01]

BGM  Final Countdowm(extented version) et Ale' Japan
de "SUPER EUROBEAT presents DAVE RODGERS Special COLLECTION Vol.2"




 いつもお前をみて

 お前の傍に控える空気みたいなヤツで

 お前の邪魔はしないが

 お前が助けを求めれば

 飛んでくる筈だよ






 刑事課国際係は係長の山南を含めて六名で構成されており、署内で最も使用可能外国語数が多い山崎が療養休暇を取るとなると、残りの五名で回すことになる。幸いにしてここ最近は大規模な外国人犯罪は成りを潜めているが、事件がいつどのような範囲で発生するか、不透明なのが警察界での認識だった。故に俺たちは常時緊張状態にあると言って良い。

 日野署に来る前に配属されていた丸の内警察署の刑事課長が、外国語が堪能でコンピュータや情報管理に詳しい山崎を、なかなか離したがらなかったと言う。俺たち刑事課の刑事は基本的に職人気質で、世俗に塗れながらも、世俗とは一線を課して刑事の世界を生きることに人生を懸けている人間の集団、と言って良い。だから、多少性格が頑固だったり、かなり一本気だったり、俺のように「鬼」呼ばわりされたりと、現代ではほぼ壊滅した古臭い、良い言葉で言えば昔かたぎの日本人が多く存在する。

 そのなかで、山崎は異質だった。どうみても生活安全課か少年課としか思われない容貌と柔らかい口調の持ち主で、人に舐められる為に生まれて来たのか、と誰からも想われてしょうがない印象を抱かせる男である。童顔の総司とは違う意味で危険と言っても良いかもしれない。おまけに非常に穏やかな大阪弁を喋るので、初見で警察官だと見抜くことは難しい。それ故に築地署管内と丸の内管内では、山崎の聞き込みが非常に有効だったらしいのだ。聞き込みは一般国民の協力無しには為し得ないものだが、国民の多くが、警察なんざと関わりたくないものである。

 まして山崎は、警察学校を主席で卒業した頭の持ち主で、そのままストレートに仕事をしていれば、公安課に配属される道があったのである。公安は、警察のなかのエリートだけが入れる部署で、警察学校を主席で卒業することが必要最低条件なのである。俺は最初から刑事狙いだった為、主席卒業は考えていなかったが、警察学校寮で山崎と同室だった秋山と言う男が卒業時成績が第二席で、山崎が公安からの誘いを只管断ったことで、公安への道が開けて、いまは丸の内警察署の警備部公安課で華々しく活躍している。

 丸の内警察署を始めとする千代田区内の警察署は、俺たち警察官が一度は配属されてみたい、憧れの場所なのだ。そこの公安と言えば、ノンキャリと言えどエリートの塊であり、所轄の刑事とはまるで違う連中と常日頃から関わることになるのだ。

 以上のことを、署長会議で丸の内署や麹町署の署長から耳にタコが出来るほど聞かされて日野に帰って来た勝っちゃんから、繰り返し聞かされ俺の耳にはタコどころかイカが出来そうだった。だから余計、同じく公安への道を蹴っ飛ばした過去のある山南が山崎をいたく信任しているのも、そんな山崎を引っ叩いた俺を、山崎が療養休暇を取ってからと言うもの、悉く睨みつけてくる山南の気持ちも、嫌と言うほど身に染みてくる。

 のだが。

 あのとき、涙を拭いた俺が、なんで公安に行かなかった? と訊いたら、俺がいなかったから、と言う返答が来て、

『お前……どっかおかしいンじゃねーの?』

 半ば呆れた俺がそう言うと、あっさりと「そうかもしれません」と微笑まれ、もう俺は、どう反応して良いのか分からなくなった。

 あの上司にして、この部下あり、である。

 俺は溜息をついて、俺のほぼ正面に位置する山崎の、空いたデスクを見つめた。刑事課第一(室)は、強行犯係、国際係、鑑識係があるが、十か国語と言う桁違いの言語能力の為に辞書や書籍を持たざるを得ない山崎が、六つが一組になっている係員用のデスクから、一メートル弱離れた位置にある俺のデスクのほぼ真正面に、デスクを置いている。

 つまり、刑事課第一(室)の廊下側の壁を背にした山崎の、本棚を背負うようにして置かれたデスクがあるのだ。

 元は山南が使っていたデスクなのだが、大量の書籍や情報を扱う山崎には、書棚とデスクトップ型PCが良いだろうと山南が判断して、山崎にデスクを譲ったのだ。だから俺と山崎は、決して広いとは言えない刑事課第一(室)で、俺が窓側、山崎が廊下側の壁面に座る位置で、向き合う日々だった。

 ……その位置関係で、毎日のように俺はあいつの顔を見ていたのに、告白されるまで俺は、まるであいつの気持ちに気づかなかった。

 己の鈍さが故なのか、それとも山崎の大人しさが原因なのかと、俺なりに考えたのだが、「たぶん両方」と言う結論しか見出せなかった。

「………」

 思わず着いた溜息の深さに、我ながら呆れてしまう。―――――あいつ、

 俺と出会わなければ、東京の大学に進学する流れは全く無かった、と言った。

 …マジかよ。
autor 覆霞レイカ2014.05.06 Tuesday[03:05]
__________________________

※※ 18歳未満の人は、絶対に読んではいけません ※※
__________________________






BGM: Straight Through My Heart/Backstreet Boys

     Thanks for their singin' spirits!





 古来、神道に於いて、刀剣は神器であり、魂の籠った神そのものでもあった。故に、創成以来「自由の剣」を標榜する飛天御剣流にとっても、皇室のみは別格であり、新年一般参賀の前に行われる御前剣舞奉納は、実に見事なものである。

 幻の存在とされている飛天御剣流の現継承者である比古清十郎が、世界的陶芸家の新津覚之進であることを知る人物は非常に少なく、この俺も半年前まで全く知らなかったが、微笑を浮かべられた今上が興味深そうに、比古の放つ気と剣舞が、しんと静まり返った空間を切り裂き、敷き詰められた砂利が木枯らしのように宙へ高く巻き上がっていくのをご覧になる姿を、勝っちゃんに同伴して皇居に詰めていた俺は、右斜め方向から見ていた。

 比古の剣舞によって、空間のそこここが、その荘厳さにぴしりと音を立てるかのようにして更に冴えて行く。御前だと言うのに表情ひとつ変えずに、濃紺の袴の上に、同じく濃紺のたすきでたすき掛けされた純白の羽織の袖が流れるように揺れて、宝刀・桔梗仙冬月(ききょうせんふゆつき)が睦月の冷たい空気のなかで煌めくのを、警察官の正装を纏った格好をしている事も忘れて、ぽかんと口を開けて見ている俺は、さぞかし滑稽に映ったことだろう。

 気と刀によって繰り出される風圧だけで砂利が巻き上がっているのに、比古の漆黒の髪や濃紺の袴は塵ひとつ付いていない。

 完敗だ。これが、地上最強の男なのだ。

 そう思って、ごくりと喉を鳴らした俺の横で、勝っちゃんはじっと比古の剣舞を見ていた。勝っちゃんは比古の四人前に剣舞奉納を終えたばかりである。毎年ここで奉納剣舞をする勝っちゃんとは違い、秘剣である御剣流は、創成以来十年に一度の奉納と決まっている為、実際に目の前で飛天御剣流剣舞を見るのは、勝っちゃんも俺も初めてだった。数年前まで天然理心流の剣舞は、勝っちゃんの養父である近藤周助師範によって奉納されており、理心流内で比古の剣舞を見たことがあるのは師範だけだったのだ。

 戦国時代よりも前から伝わると言う飛天御剣流は、分派されたことが無い古武道の一つで、代々、剣技と比古清十郎と言う名を継ぐと言う、秘剣中の秘剣である。速く重い剣として知られ、実戦技法だけでなくその美しさが評判の割に、真実を見たことのある者は殆ど居なかった。半ば伝説と言われていた飛天御剣流が再び世で知られるようになったのは、緋村剣心と言う警察官が全国警察剣道選手権大会に初出場し、いきなり優勝したからである。

 警視庁第一方面神田署 緋村剣心 飛天御剣流

 とのアナウンスが流れた時、武道館が大きくざわめいた。団体戦準決勝で負けた事で俺にどつかれていた総司が、床に伏せていた顔をがばっと上げたのだ。総司は結核が再発していて、ここのところ体調不良が続いていたが、顔色が急に良くなったのを覚えている。

『飛天御剣流?! いま、そう言いましたよね、アナウンス』

『お、おお、確かに聞いたぜ。マジかよ、神田署っつってたな』

 興奮した俺と総司が、個人戦の会場に向かうと、試合場は既に人だかりが出来ていた。何とか観戦しようと、試合場の片隅から漸く持ってきた椅子の上に乗っかって、試合を観た。

 飛天御剣流の警官は俺よりも遥かに小柄で(どう見てもチビ)、だが強かった。小さな体で、確実に取った。小柄を生かしてのすばしっこさだけでなく、構えや踏み込みのいちいちが決まっており、圧倒的な速さで勝ち上がって行った。おまけに、個人戦準決勝が始まる直前に、どこでも大人気の木戸孝允が入って来て、緋村の応援を始めた。緋村は木戸の、高校の後輩だと言う。神道無念流の天才も会場に来たとあって、武道館の盛り上がりは過去にないほどに凄まじかった。

 個人戦決勝は、キャリアの癖に馬鹿みてぇに強い本庁の斎藤一と、緋村が戦った。三本目で緋村が勝ち、それが、飛天御剣流の名が俺たち警官の間で一気に復活した瞬間だった。

 優勝後のインタヴュー記事には、意外なことが書かれていた。緋村は幼少時に親を亡くし、とある人物に引き取られ、警察学校に入る直前まで育てられていた。

 その男が、飛天御剣流十三代目・比古清十郎であった。

 記事には、緋村は十四代目を継承する為に比古に引き取られた訳では無いから、いまは飛天御剣流よりも警察官としての自分を全うしたい、この優勝でやっと師匠も拙者を認めてくれるかも知れない、と言う緋村の言葉も書かれてあった。また、緋村の保護者は比古で後見人は木戸孝允、ともあった。

 飛天御剣流の継承者に育てられ、木戸孝允から後見されている緋村と言う警官は、所謂制服組で、掴みどころの無い性格であり、詰めが甘く、はっきり言ってでくの坊らしかった。緋村さんがうち(日野署)にいたら、絶対土方さんにどつかれますよね、と総司が言うくらい、酷かった。剣を除いては全くの凡人で、目立たないことこの上なかった。

 そう言う意味で、飛天御剣流は俺にとっては非常に興味深く、同時に意味不明の存在に思えたのだが、こうして本物の比古清十郎を見ると、

「凄ぇ」

 の一言しか出なかった。

 比古が剣舞を終えて深く拝礼して御前を下がると、全部で十六流派あった全ての剣舞奉納が終わり、一般参賀の準備に入る。俺は素早く着替え、ごった返す大手門を出なければならない。比古の剣舞を脳裏で再度思い描いた俺は、警察官に似合わぬ面妖な面を、そろそろ突入してくるであろう一般参賀者から隠すために、さっさと私服に着替えてレイバンをかけた。署長である勝っちゃんは警察官正装のまま日野署に戻り、パトロールをした後で、試衛館道場で剣舞披露をするのだ。俺たちは大手門を抜けた後で別れ、俺はここと同じく千代田区内の、料亭が立ち並ぶ閑静な石畳を目指して、参賀者の波の中を何とか潜り抜けた。

 皇居周辺は相変わらず厳重な警備が敷かれ、多すぎる人の数に埋もれていたが、メトロで一駅分離れた料亭が立ち並ぶこのエリアは、料亭が休みとなる年始のみは嘘のように静かで、竹藪がさわさわと鳴る他には、石畳を叩く俺の足音しか聞こえなかった。

 道なりに歩き、三つめの角を曲がって、また道なりに行くと、高い垣根に囲まれた竹藪と広大な敷地が見える。その敷地内駐車場で、434 AMG ルマンレッドのメルセデスSLS AMGのガルウィングが冬空に向かって立ち上がり(「公式写真はこちらをクリック」「ルマンレッドはここをクリック」)、袴姿の比古がちょうど運転席から出てくるところだった。

「よぉ」

 目ざとく俺を見つけ、ニヤリと笑うのは、先程皇居の神楽舎で周囲を圧倒した十三代目とはまるで異なる、物好きで変態の、どうしようも無い男である。

「なんだ、警官正装は脱いじまったのか? 似合ってたのによ」

「今頃、勝っちゃんの車のなかで日野署に向かってるだろ。この面(つら)であんなの着て歩いたら、俺は一生、都内を歩けねぇ」

 言うと比古は、ニヤニヤ笑いを更に悪化させて、AMGの後部座席から、房付金襴扇模様の正絹の刀袋に入れた桔梗仙冬月を取り出した。天才と名高いこの男にとってこの世で最も大切なそれは、飛天御剣流に代々伝わるもので、奉納剣舞を除いては世に出ることが無い。比古と比古の屋敷に住む者を除いては、刀鍛冶と研師(とぎし)ぐらいしか存在を知らないそうだ。戦国時代を含めて何百人の血を吸ったか知れないとされる宝刀は、比古が上京する際には普段、この屋敷の最奥に位置する和室の、床の間にある黒檀の刀掛けに置かれている。

 開け放した和室で、刀身が月光を浴びて白く輝く姿に見惚れて、吸い込まれそうになる度に、比古は繰り返し言って来た。

 近藤はやめろ、あいつはお前の為に、全部を捨てるような漢(おとこ)じゃねぇよ

 分かり切ったことを言われても頑として動かない俺の心を揺さぶるように、飽きもせずに俺を抱くのだ、

 たぶん今夜も。
autor 覆霞レイカ2014.04.02 Wednesday[01:26]
BGM: Backstreet Boys's Greatest Hits/Best songs of Backstreet Boys


   http://youtu.be/j3vhCbZ6B5g






   ラ・フロレゾン






 山崎に連れられて、昔、彼が付き合っていた関原妙と言う女に会いに、日野市にある小料理屋「赤べこ」を訪ねたのは、山崎と二人でマンションで暮らし始めて、暫く経った頃のことだった。
autor 覆霞レイカ2014.03.29 Saturday[03:14]
<< 2 / 6 >>
New entry
Archives
Category
comment list
User List
Recommend